ようこそ、癒しの歴史空間大国寺へ・・・・丹波篠山 安泰山 大國寺

大国寺とは

大國寺とは・・・

画像の説明

画像1 画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6

----
----
画像の説明
----

長い歴史の時を超え、心安らぐ癒しの歴史空間「大国寺」

大国寺は、兵庫県丹波篠山の味間奥地域に位置する、歴史あるお寺です。大化年間(645~650)に、空鉢仙人が国家安泰を祈願され、自作の薬師如来を安置され、開創したと伝えられています。その後、天暦の頃(947~956に兵火で焼失し、正和年間(1312~1317)に花園天皇のご帰依により再興され、安泰山大國寺の称号を賜り、以来広く地元住民に親しまれ崇敬されて今日に至っております。昭和42年、兵庫県観光百選に指定され、また、新丹波七福神大黒天霊場としても、たくさんの参拝者を迎えております。

本堂 : 室町時代初期に建てられた、唐様と和様の折衷様式。昭和36年国指定重要文化財。
仏像 : 薬師如来坐像、大日如来坐像、阿弥陀如来坐像、持国天立像、増長天立像。5体とも、藤原時代作、大正11年国指定重要文化財。

⇒⇒⇒⇒ 写真集1写真集2写真集3 ←←←←
画像の説明

----
----

画像の説明
----
画像の説明
----

・薬師如来坐像 ご本尊
 「一仏三身」を表し、光景や宝冠、蓮華座など藤原時代特有のものが揃った珍しい逸品で
 貴重な仏像です。
・大日如来坐像・阿弥陀如来坐像
 脇侍仏として安置されております。
・持国天立像・増長天立像
 藤原時代の様式と日本人の畏怖感をよく伝えている藤原時代の傑作です。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional